Main Content
Sound Added to Your Favorites Soundboard
Error Adding Sound
Error adding sound to your favorites.
Sound Reported
Sound reported and our moderators will review it shortly.
Error Reporting Sound
Error reporting sound. Please use the Contact page.
Home > In-Game (2-6) - Tenerezza -...
Ja.
Oh.
Quoi ?
Quoi ?
14
17
17
あ、おお。 そういうものかな?
あ、はい。
あ。
あ。
あ。
あ。
あ。
あ。 てね、見てみほら、あのこの脇にあるあれ?
あ。 まさかあの光。 テレポート。
ああ、いいえ、その。 いいよ。もうこっちも唐突だったし。
ああ、大統領がじっくり構えているのは、それを考えているのかもしれないね。
ああ、誇ったbacaro。
ああ。
ああ。
ああ。
ああ。
ああああ。
ああいや。まあ、そのやっぱり魔法使いとしては羨ましいじゃない?
あいつら年くってるなが多いから、うちら妖精や人間を馬鹿にしてるやつが多くてな。
あかんってね。アホな連中のおかげで、すっかり人間を信用してくれない。
あっ、2個。
あっ、あのですね。よろしければ風の魔石お貸し願えないでしょうか?
あっ、はい。
あっ、違うよ。
あのコウモリは気にしないで。
あのその私たちは、その通りすがりのもので、決して炎の魔石を探している怪しいものではなく。
あの女帝もさすがに伝統の重みには敵わないらしいね。
あの魔力はどうだ?
あはあ。 ああはあ。
あはい、残念ながら。
アホやなこういうスペシャルアイテムは一回作ったら石になって散らばるもんと相場が決まっとる。
あやっぱり怒った。
あるたーれの徳の高いお坊さんに聞いた情報だ。間違いないと思う。
あわわごめんなさい。
あんたtort世界が自分のもんみたいになってくんや。
あんたおいさばいて自信なくしてんちゃうか?
いいかに、もう。
いいじゃん。ちょっと見るくらい国近い将来、貴婦人になる私としては伝説の魔石に興味津々なの?
いいやなんでもない。ほら、摂氏あげたあの子アンタと同じぐらいの歳やで。
いい感じ。
いざって時のために大事にしてたテレポートの宝石が役に立ったは?
いずれは支援様homeそれにあるたーれ神聖騎士団も相手にせねばならぬからな。
いつかあのくらいの大魔法使いになりたいな。
いつも思うんだけどさ。
いや、ちょっ。
いろんなものを見いろんな人にあう以上の修業なんかあらへんあらへん決まり決まり。
うちが脅されて強制労働させられてんね?
うちのせいか、うちのせいやな。
うちらがエスペランスを救う為、アークのシャーロンも打ち破るために魔力を増やしたいんや。
うち殺されかけた。
うん、セレウスセレウスはここにいて。
うん、そうか。ついにうちの手ねぼーにも春が来たか?
うん、わかった。将来や僕が死んでも守る。 もう二度と誰にも渡さない。
うん。
うん。
うん。
うん。 うん、うんうん。
ええ、あのあいえっとその。
ええ?
ええ?
ええ? あのでもあってね、ちょっと。
ええまあお世話かけました。
エスペランサのためにそんなろうを取ってくれるはずないよ。
エスペランサはもっと栄えていいと思うんだよ。
えっ、うんそ、そんなのよくわかんないけど。
えっ?
お。
おー。
オーバー。 はあ分かった。
おー丁寧探したよ。
おいおい。
おそらく安全のためでしょうま関を守るものは、他の魔石の場所を知らないのです。
オッケー。 三鷹ペレット様の底力。
おっしゃ。
おっそうだな。 君が倒されるぐらいだから。
おもろい子やな。
が。
がく。
ケチドケチケチ。
こいつドラゴンでも相当な年寄りやがんこやで着付けあってね。
ごく。
ここは私行った?
このフォローの魔石は確かに魔力を高める伝説の魔石の一つです。
このように便利な小娘など、他にはおられるは大切にせねばならん。 わが大いなる野望の礎としてな。
この先に火山地帯があるの知ってるね。
これこそえー、こんびや。 見習い騎士シリウスか?
これだけお金と物と人と、そして知識が集まっているのに、暮らし向きはごく普通。
これは町を救ってくれるかもしれない大切な大切なものなのなくしちゃ困るでしょ?
これ持ってるだけで体中に力が漲ってくるみたいだよ。
さあ、早く町に帰ろう。
さらしエンチャ伸びる通底も欲しがるわ。
しかし、エスペランサからあのような小娘が来るとはどういうことでおじゃる?
しかし、それほどの魔物ならこの炎の魔石一つで事足りるでしょうか?
しかしてね、君がこういう話に詳しいとわ思わなかったな。
しっかりしっ。 はあ。
シャーロムと、いい戦いができるかもしれんな。
シャーロムは強力で巨大な敵街の貧弱な自衛団じゃとてもかなわぬ。
シャーロンおよそ以上に素晴らしい。
じゃあお大事に?
セールスにはあと二つの魔石を探して欲しいの。私よりそういうの向いてるみたいだし。
せやけど、あの国には思想eclairから2000年続く他国不可侵の掟があるから。
せやけど、あんたも強運やなあ、テレポーターめちゃめちゃ繊細な魔法や運が悪けりゃ今頃2人で。
せやけど、四つの魔石かこれ大変なことになってきた。
せやせやこんな山奥にいきなりこんな派手派手しいお酒おばけが出てきたら誰かティビるっちゅうね。
せやな。
せやな。
せやませ休売に来たなんて一言も言うてへんやろ?
せや森の、小さな息遣いろろちゃんや。
セリオス、どうしたの?そんなに息せき切って。
そう、ありがとうろろこそねーちゃん呼ばわりなんて、まるで知り合い見た。
そう、それはここには無い。
そう、なんだ。
そういえばまだ君の名前を聞いてなかったね。
そういった人間。 あ、あまあまた。
そうか。まあ気の強さと自信過剰なら、あんたの姉ちゃんに負けてへんで。
そうするがよいそうするがよい。それがシャーロンをいいや。
そうそう。
そうだったのですか?
そうだね。待ち人に愛されてる私は幸せ者だよ。
そう簡単にはま席譲ってくれへんね。
そう鍛えるのだ。我と我が野望。
そこで魔力を増すませ木の類が取れるらしいんだ。
そこはやっぱり生まれついての大帝国のempressなの? そんなせこい真似はしないね。
そのように崇高な目的のもと、放浪の魔石を探しておられるとは知らず、ご無礼をお許しください。
その辺で売ってるし、lomondは全く格が違うらしい。
それに。
それにあのオバハンブサイクで気が強くて名鉄な鬼ばばあだけどねは悪人じゃないよ。
それにしてもエスペランスはにぎわってるな。ええ、こっちゃ?
そんなに私に私に。 会いたかったの?
そんなものどうして四つセットにしておかないの?
そんな大切なものららありがとう。
そんな高度な魔法あの小娘が操るなど。
だから。
チャウチャウ、うちはあんたと違って素直で正直でピュアなハートの持ち主やからてねを信じることができたんや。
ちょっちょっとろ?
ってことでね、タッチ。
ってね。
っよい。 さらにテネレ津波やつを倒そうと懸命になっている。
でしょ?私もいい街だと思うよ。
てってねちゃんなんちゅう汚いまねを。
でね、僕も行くいざとなったら一緒に戦おう。
でね、大丈夫か?
でもお花畑もなければ天使様もいない。 ということはひょっとして地獄?
でも一筋縄ではいかないよま関森はなんと巨大な龍だそうだ。
てるぞ。
テレッサ。
どうした?
どうしたの?
ところが、なんと火山地帯の奥の奥には伝説の。
ところで、せっちゃんあんた?ほかの将来の情報は持ってへんのか?
ドラゴンカー、厄介なアイデア。
とりあえず火山に行ってみよう。
と言われてるけど、本当はどうかな?
なるほど。
なるほど。彼はあのほのうの魔石森ってわけだね。
なるほどなあ。
なんじゃそりゃ。
なんじゃそりゃ。
なんてったって、あたしは?
なんて言っちゃう傲慢な娘は地獄に落ちるのでしょうか?ほんまい。
なんと。
なんと。
なんと好都合ななんて。 と誂え向きの実験台。
なんや。
ねえ、大丈夫?
ねえ整理す君、私たちと一緒にエスペランサに来てからな。
はあ、火山の溶岩より暑く輝くあの光。きっとあれこそ。
はあ。
はあ。
はあ。
はあ。 あああああ。 いやあ、気が回った。 が。 オーバーバー。
はあああああああ。 お主も騙されておる。
はい、我が家はぁ。
はい。
はい。実は風の魔石を。
はいもちろん。
はいら行く。
はい了解です。
はっはっはっあんた飲んで映ったんや。
はどういうこと?
はねね、ロロ人がいるよ。
ふーん。みなぎる。
へえ?
ほとんど橋。
ほのうの将来を預かって欲しいのは、私に何かあった時のために。
ほのうの魔石が眠るらしいんだ。
ほほ。
ほんまかいな。
ほんまやあの服装からして騎士見習い。
ほんまやあんたまるで一国の宰相みたいな物言いするな。
まあ、そう言われれば。
まあ、席は僕が守る。
まあ、悪いことではないわな。
まあ、確かにそれもそうや。
まあな博打大当り中やつや。
また来たのか曲者。
まろ馬鹿にした報い、万死に値さてやしね小娘。
みんな何?
みんな君のことを心配しているよ。
むむむ。
むるなって気負ったで。
もうへ上がる。
もしそんな大国が出てきたら、安全と引き換えに支配下に置かれちゃうか?
もも。
モンスターどもを使わずとも、あの力あれば、街の一つや二つ簡単に落とせるのではないか?
やばそう。
よし、こうなったら事情を説明して支援さん魔法軍歌アルターれ神聖騎士団に。
ローラ、平気だよらも無事だったんだね、助けてくれたの?
ロロ君は大丈夫?
わ湧くくれなんて言ってないよ。
んだっと。
んん? 誰や?
一体、何がどうなっておるのじゃわからないわからぬわからん。
丁寧とろろは素敵なコンビですね。